So-net無料ブログ作成

好きな曲だよ ~「BLACK MAGIC WOMAN」 サンタナ~ [音楽のこと]

さて、またまた好きな曲ですが、
今回は、サンタナの「BLACK MAGIC WOMAN」です。

この曲は、サンタナの代表曲なので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

1970年発表の「天の守護神」に収録されており、
このアルバムは全米1位を獲得した。
また、「BLACK MAGIC WOMAN」もシングルカットされて全米4位を獲得している。
実際は、「GYPSY QUEEN」という曲とのメドレーになっており、
「BLACK MAGIC WOMAN/GYPSY QUEEN」とクレジットされている。

サンタナ独特のラテンのリズムが前面に出ているのだが、
カルロス・サンタナの泣きのギターがたまらない、
エモーショナルな名曲です。

実は、この曲はフリートウッド・マックのカバーで、
原曲は、”ブルース”です。
本当にブルースが好きなんです(^^;
フリートウッド・マックといっても、「噂」の大ヒットを飛ばした頃とはメンバーが違って、
ギターにピーター・グリーンという元ブルース・ブレイカーズのバリバリの白人ブルース探究者が
中心メンバーの頃で、バンド名も「Peter Green's FLEETWOOD MAC」と名乗っていた。
そのフリートウッド・マックの1968年のバンド名と同名のアルバムの中から、
シングルカットされた曲なのであります。

題名からして、「BLACK MAGIC WOMAN」ですからね~
黒魔術ですからね~
黒魔術とかVoodooは、ブルースではよく取り上げられる題材です。
まあ、ブルースについての詳しい話は、改めてにします(笑)

サンタナは、1966年に結成されたサンタナ・ブルース・バンドが前身だそうだが、
一時、のちにジャーニーで活躍するニール・ショーンとグレッグ・ローリーがメンバーとして活躍していた。
ニールがサンタナ在籍時に、エリック・クラプトンからバンドに誘われたらしいが、
恐れおののいて断ったという逸話も残っている(笑)
それにしても、あんなにうまいニール・ショーンがセカンド・ギタリストなんだから、
さすがサンタナ!!って感じです。

リーダーのカルロス・サンタナは、ルーツはメキシコであるが、
東洋哲学に造詣が深く、
一時期愛用していたヤマハのSGというギターには、
仏像のインレイが施されていたほどであった。
正直、リアルタイムでは、唯一、1981年発表の「Zebap!」だけ持っていたが、
レコードジャケットも独特だし、難しいイメージがあって、
社会人になるまでは、あまり聴いていなかった。
よく聴くようになったのは、35歳を過ぎたあたりだろうか……
そういう意味では、大人の音楽……で・す・か・ね(笑)


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。